(一部内容が先の記事とくり返しになります)


『夜桜・唄会・春の夢』

一番手のTAKASHIさん&SHUJIさんのステージのあとに、
TAKUYAくんが登場。

先月に見たときより、髪を切ったみたいで短くなってました。
キラキラロゴの入った黒Tに黒のパーカーを重ね着してましたね〜。

持って来たギターはおなじみYairiのアコースティックギター。

「INO HEAD PARKのTAKUYAです」って挨拶して椅子に座ると、
お客さんが少しクスクスと。
「? INO HEAD PARKのTAKUYAですよ」
と二度繰り返して挨拶。

おもむろにギターを弾きながら、おなじみのアリスを歌い出しました。

そのあと、今日は変則的な感じで〜。
「俺が歌うのは今ので終わりだよ。」

という事で、ステージ中央に配置したマイクの場所に
TSUYOSHIさん登場☆

トークでは「TAT」のTがどっちがどっちかという話しに。

タクヤ「俺は「TAKUYA & TSUYOSHI」だと思ってたんだけど、
ツヨシは「TSUYOSHI & TAKUYA」だと思ってるよね。」

ツヨシ「おれ前のライブでツヨシ&タクヤって、言ってました(笑)」

タクヤ「(記録)DVDを見てて、「ん?」と思って戻して見直したよ!」

ツヨシ「正式にタクヤ&ツヨシでいきましょう!」

タクヤ「いや、ツヨシ&タクヤでいいよ!」

ツヨシ「いやいや、タクヤ&ツヨシで・・・!」

どちらかが言ったか忘れたけど。
「高橋&田中でもいいよね」

「間に「安藤」も入ってるよね!」

「高橋! 安藤! 田中!」

「こっちに3人並びなさい!」

→学校で悪さして先生に呼ばれた学生風。

タクヤ「安藤ってどこにも使えるね。
「サイモン 安藤 ガーファンクル」とか。」

ツヨシ「?」

タクヤ「サイモン&ガーファンクル知らない? なんでもないよ。」


話しがそれまくった上に、話しが通じずに終了。
剛さんがサイモン&ガーファンクルを知らないのが、ちょっと意外だった。
世代も違うし洋楽も詳しくないと判んないかも?
わたしの場合は、親が知ってたので知ってる感じだしねー。
でも、誰もが一度は耳にしたことある曲の人達だよね?


最初に歌った「なごり雪」はそのままの歌詞で普通に。

こんな時にすごくやりにくいんだけど・・・という前置きで次の曲。
もしや・・・と思えば、やっぱりな「傘がない」でした。

うう、やっぱり暗いねぇ。^^;

本八幡にいかなくちゃ〜 タクヤさんちにいかなくちゃ〜

なのは、前回同様に。


「神田川」では、
あなた=タクヤ、わたし=ツヨシで。
あなたをタクヤにしたのは前回も同じだけど、ツヨシは楽譜見ながら「わたしもあるじゃん!」と唱いながら思ったのでその場でツヨシに変更したらしい。
歌詞の途中がとても気持ち悪い内容になっていたので、客席から笑いが起きていた。

ちなみに歌い始めのとこで、剛さんが音程がとれずに何度も失敗。
二人であれ〜?となったが、原因はタクヤくんが間違えてたのが判明。
ごめんごめん; と謝っていました。


間にツヨシ・ソロタイム

最初タクヤくんはそのまま横に座ってたんだけど、
剛さんが「え、そこにいるんですか?」って聞くから、
じゃぁ、お客さんと一緒に聞くことにするって、上手スピーカーの横まで椅子を持って行って、こちら(客側)からは真横に見えるかっこうで、ちょこんと座って鑑賞。

タクヤくんのギターを借りて、ソロ用に自作したという曲をお披露目。
ソロに向けてギターは半年前から始めたそうで、
曲が終わったあとに「半年でそんなに弾けるんだぁ」と感心するタクヤくん。
「俺ずっと弾いてるのに、もっと練習しなくちゃいけないな〜」

剛さん「良いギターだとヘタがばれますね」と言いながら、タクヤくんに借りたギターをお返し。

あらためて今回聞いてて思ったんだけど、タクヤくんのギターは音がきれいですね!
よい音色だなぁ〜〜〜と聞き惚れておりました。^^

最後はタクヤくんが煽って客席を立たせてスタンディング鑑賞。

あったかい感じでしめくくり。

ひとまず、一旦退きます〜と剛さんとタクヤくんはステージを下がりました。


(ここまでのセトリ。)

冬の稲妻/アリス ※TAKUYAソロ

なごり雪/イルカ

傘がない/井上陽水

神田川/南こうせつとかぐや姫

オリジナル ※TSUYOSHIソロ
(タイトル忘れてしまいました; 恋人とか言ってたかな? 悲恋系な内容でした。)

夢を信じて/徳永英明


+++

一応の3番手にKINGのRYOさん。
オトヤさんというギターさんとの2人ステージでした。
みんなカバーをやるんだね〜って、オリジナル曲中心で途中、リクエストタイム!と称して、ツヨシと被るんだけど・・・と、徳永さんの曲を。

ここで再びタクヤくんが 咲きながら 登場。

アコギで咲くんですね!と驚くRYOさん。
「是非、得意のギター回しもお願いします!」と振られると
「今日はつり下げるものが無いんだけど・・・」ってタクヤくん。
(つり下げるって・・・笑)

これなら出来ると言って、アコギ本体をそのままクルっと1回転。
確かに「ギター回し」ではあるが、それはギターを回してみただけでは・・・。

そのギター回しの時にお客さんが咲いてみましょう!って、RYOさんが妙な提案を。
タクヤくんがギターを回したタイミングでお客が咲くというのを1回練習してから、タクヤくんも参加で曲になりました。


壊れかけのRADIO/徳永英明


曲内容に関係なくてOKですって事で、後半に2回の「ギター回し」が入りました。
\^^/**


たくやはあたらしいギター回しをおぼえた!
(BYドラクエ風)


ものすごく変!

楽屋入りしてから曲参加が決まったらしいので、タクヤくんは即時に覚えての参加でした。
そしてタクヤくん再びステージを下がりました。

RYOさんのオリジナル曲に戻ってそのあと最後に、ツヨシさんと三度登場のタクヤくんが参加でセッション。

we are the world

最後にまたセッションやるよ〜と全員ステージを下がりました。

+++

トリはAURAのReds☆さん。

出て来るまでレッズさんも出演なの知りませんでした〜。

この日のライブでは、他の皆のメイントークはやっぱり今の日本のこと。
レッズさんも同じくその話しをしていました。
聞いたままそっくりそのままを書くことは無理なので、間違った表現にしちゃって、お話の意味がすり替わってしまうと困るので、ここではそれらの話しは書かないですが。。。

なかなかカッコイイことを言うな〜と思いました。

レッズさんも今回の地震を今まで初めて経験した恐い地震だったと、ちょっとトラウマっぽくなったと言ってました。

私も、今回の地震は過去に経験したことの無い恐怖を感じたので、私よりも年上な人もそうなんだ・・・って思って聞きました。
(そういえば、両親も生まれてから経験したことないって言ってた。)

途中途中、KINGのRYOさんが(ファンの人から聞いたらしい)話しで
「バンドマンは40過ぎたら妖精になる」
というので、「俺は妖精なんだけど」とくり返してました。笑
(楽屋で聞いてて、ピクッとなったらしい。)

レッズさんのステージはいくつかのカバーとAURAの曲を中心に。


最後の最後に今回出演の全員が登場して、みんなでセッション。


Power to the people/ジョン・レノン


レッズさんが渋谷で募金活動してきた時にやった曲だそうです。
曲検索で調べたら、内田裕也さんが仕切った内容だったのがニュースになってました〜。


節電もあるので、なかなかやりにくい時期ではあるけど、
こういうときに音楽の持つ力もとても大きいと感じました。

大変だけど、音を運べる人達はぜひどんどん多くの人に音を届けて欲しい。

お腹はいっぱいにならなくても、心の足しになるハズ。
体も大事だけど、心も大事ですもんね。
弱った心にもパワーを。


被災の大きい人達にもエールを送りつつ。

私は今まで応援してきた人達も今まで通りに変わらず応援してゆきたいなぁと、あらためて感じるライブになりました。

たくさんの笑えた時間になったのもよかったです☆
^^


イベント終了して間もなく、物販にタクヤくんと剛さんが並んで出てきました。
私は早々に挨拶して帰宅しちゃったので、そのあとの様子までは判りません。
^^;


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

「公園のベンチ」について

このblogは、"INO HEAD PARK Fan Site「公園のベンチ」"の管理人日記blogです。 「公園のベンチ」メインHP→ http://www.rime-rock.net/ へアクセスしてください。 ライブレポートは メインblog→ http://www.rime-rock.net/benchi/ へアクセスしてください。

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM