<セトリ>

君に逢いにゆこう
MC
恋する宇宙人
MC
夢幻航路
サッサ
MC
ラビリンス


たぶんこの5曲だったハズー。

出番は21:30くらいからでした。
予告通りにだいぶ遅め。^^;

そしてやっぱり予告通りに今回もピンクつなぎで登場。

前回はkemperさんが活躍してましたが、今回はマーシャルアンプを使ってました。
ステージの見栄え的には、大きいのがドーンと設置されている方がRockライブっぽさがやっぱり出るかなー。

そしてドラムはMi2くん。
ハロウィンを意識してかの、着ぐるみコスチュームにジョーズwe仮面を着用。
→あとのMCでタクヤくんから仮面から顔がはみ出してるよ!とツッコミされてたw

ジョーズweの名前(※)も仮面の模様も、ex.slipknotのジョージからきてます。
(この仮面がきっかけで、初期のINOは仮面着用バンドになりました。)
ツッコミされた時にオリジナルのジョージさん仮面の話題もありました。

※INOのMi2くんのフルネームは「ジョーズwe☆NEW越谷パーキング〜Mi2〜」で、
 当時のかけ声は「ジョーズwe」呼びでしたよ〜。
 考えたら、バンドでのフルネーム呼びをしてたのMi2くんだけだったなぁ〜。笑
 フルネームの話題になったのも1〜2度しか記憶ない。。。


ちなみにMi2くんは、手前の出演のkouzyくんの時にもドラムを叩いてました。
kouzyくんとは20年来の付き合いだとか。(最初のグループで一緒だったんですね。)


セトリはアコギの時はいつも最後に演奏していた君逢い〜始まりでした。
前回は演奏できなかった(音の準備間に合わずだったんだっけ?)ので、早々にリベンジかな。


1曲終わってタクヤくん、「さ〜時間ないから、残り1曲〜〜〜!」えーーー。Boo

時間ないという割に、「1曲終わったごとに喋るからね!」って、今回も喋り倒す気満々です。

聞きながら、なんかつい前日も同じ台詞をはいてた人が居たような・・・って、デジャブ気分を味わうわたし。


タクヤくんが君逢いをやる本八幡は雨天が多いんだけども、この日は晴れてたなぁ〜。


この日、タクヤくんがライブハウス入りしたのは、kouzyくんのライブが始まるちょっと前くらい。
(どうやら、わたしが受付してた時に楽屋に入っていくのが見えたので、それが入りだったっぽい)

そこでようやくMi2くんと久々の再会をしたんだそう。
いろいろあった?話も詳しくしていたけど、ここでは割愛しておきます。

とにかく無事にまた一緒のステージに立てて良かったですね☆^^


Mi2くんはそのあとkouzyくんのステージに出てしまってたので、ライブハウスでのリハは
楽屋で数分間ちょこっと合わせただけらしく。

そしてMi2くんには事前にセトリだけを伝えておいたのみ。


そんな状態だったので、「よく叩けるなぁ〜〜〜!」って、タクヤくん感心しきり。

たしか2曲目に演奏の宇宙人だったと思うけど、時間がなくてrecの最後を切らなかった〜と言ってて、
いつまでも延々に続きそうな曲の締めを、Mi2くんの伴奏でうまーくまとめて止めることができました。

(どうやらツイッターでrecしなくちゃ〜みたいな話をしてたのは、コレらの準備だったっぽい。)

この判断に対しても、よく止めた〜って褒めてて、久々に合わせた演奏に好感触をもつタクヤくん。


INO曲もよく出来るね〜〜〜みたいな感じで感心してたけど、Mi2くん実はわりと途中途中で
叩いてくれてるからね〜。^^
なんとなく宇宙人とかも含めて前回のセトリに近い感じかなぁ〜と想像してたけど、
Mi2くんの演奏に不安はなかったし、やっぱり1つでも生楽器が加わるのは頼もしいよね〜と。


君逢いではタクヤくんがギターも弾きつつ全編ボーカル。
(だから本来のメインボーカルのところは、なんとなく存在感が薄くなる。^^;)

2曲目の宇宙人にいく際に、これから色んな人が登場しまーすとか言ってて、一瞬ほかにもゲスト出演者さんがいるのかと思ってしまった。
音が出るってことですね。セトリ的に今回の登場ボーカルくんはDUTCHくんのみでした。


宇宙人大好きだし、今日もやってくれるだろう〜というナゾの期待大で、
ピンクの羽根扇も持参したのは正解でした〜。やっぱり扇子つかいたい・・・。

タクヤくんの演奏は十分ステキなんだけど、、、本来はツインギターになる箇所だけは、一瞬せつなくなってしまう。
通常は聴くことがないタクヤくんアレンジのフレーズになるのは、それはそれで面白いんだけど。
でもなーでもなー。><。

でも、アコギ演奏にもなりにくそうな曲だし、形が違っててもライブで聴けるのは貴重だし嬉しいんだよね〜。
なんとも複雑。^^;



なんの流れだったか忘れたけど、INOの曲は20曲も無いから〜〜〜と言い出すタクヤくん。
え〜〜〜もっとあるよ〜〜〜って、思わず反応するわたし。

そしたら、おじいさんの歌とか入れないぞ?って返された。

え〜〜〜

だって、わたしのiPod、泣く泣く削って入れてて20曲以上入ってるんだよ〜?


http://www.rime-rock.net/benchi/?page_id=100

ほら、みて。ちゃんとしたやつ35曲ある〜〜〜。

バンドの年数からすると決して多くはないかもだけど、20曲以上はあるでしょー。


すっしーさんがちょこちょこアコギのセトリに入れてくれたり、タクヤくんもこうして全編INO曲なライブを演ってくれたり、この時間が本当に本当に嬉しい。

嬉しいから余計に本来の形でのステージ演奏が恋しくなってしまうんだよね。
いつかまたこの全曲を聴きたいなぁ〜。


夢幻航路の手前のMCは曲につながる前振りをしてから曲に入った覚えです〜。

後半からちゃんと船を漕ぐ動作を忘れないタクヤくん。

この船を漕ぐやつ、昔はわたし、マイクさんをメインに見つつも、隣のタクヤくんも見て、そしてステージ反対側のすっしーさんまで、常に全員の振りを見ていたんだよね〜。皆同じにしてるようで、それぞれが個性的な動作で漕ぐのが微笑ましくて楽しいんだ〜。

そういうのを思い返しつつ、今回は少数精鋭な感じの船漕ぎになってました。


1曲ごとに喋り倒す〜とか言っていたけど、夢幻航路が終わったまま、そのまま展開は次の曲のサッサにつながりました。

本来はフロアのお客さんみんなで窓拭き動作の予習をするやつだけど、今回は知ってるcrewだけが、そのまま振りをする感じ。



ここの流れを今レポで書きながら思い返して、あらためて理解したけど、
INOって、ステージを見ている全てのお客さんがもれなく参加できるバンドなんだよねぇ。

全編INO曲だけど、今回はやっぱりタクヤくんのソロライブだなぁ〜って感じたところ。


サッサの「間」の部分では、タクヤくんのギター回しがありました〜。
\^^/



どこのタイミングだか忘れたけど、INOのラストで1列に並んで、お辞儀をする箇所の裏話?
Mi2くんと手をつないで、お辞儀をするときに、いつもタクヤくんが素早く頭を下げてMi2くんを道連れにする?から、
Mi2くんがオットットってなってるとか、そんな内容。
昔のライブ映像のやつを持ってたら見てみて〜〜〜って、持ってるやつに収録されてるのかな??


あと、フロントはタクヤくんだけだから、タクヤくんが一人センターで、ドラムも後ろのセンターだから、今日のステージは構成が縦すぎる!って落ち着かない感じにツッコミ。
今度2人でやるときは横に並ぼうとか言ってました。
(2人さんでも良いけど、3人、4人と増やして欲しいなぁ〜〜〜)

ギターアンプはやっぱり上手だったので、お話しするときもちょいちょい上手寄りになっていたけども。


あとお馴染みのイエーイのかけ声もありつつ〜な。


ラスト、ラビリンス!

タクヤくんパートのとこはちゃんと生ボーカルになってました〜。


ボーカルと一人ギターは、ちょいちょい危なっかしい場面もありつつだったけど、
今回も前回同様、ステージを右に左にアクティブな動作での演奏。

前回と違ってお客さんが最初からスタンディングになれずに、最後のラビリンスだけタクヤくんの「起立〜!」って指示でようやく立てました。
だいたいを座って聴くのは変な感じだったけど、それでもINO曲の演奏ステージは楽しいひと時になりました☆


タクヤくん、急きょ参加のMi2くんも、みなさまお疲れさまでした☆

そういえば、ステージでも剃刀負けしたタクヤくんは痛そうでした。
今頃は大丈夫と思うけど、お大事に。^^;


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

「公園のベンチ」について

このblogは、"INO HEAD PARK Fan Site「公園のベンチ」"の管理人日記blogです。 「公園のベンチ」メインHP→ http://www.rime-rock.net/ へアクセスしてください。 ライブレポートは メインblog→ http://www.rime-rock.net/benchi/ へアクセスしてください。

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM