舞台 『横浜ダブルブッキング 夢 × 夢 〜なんで、どうしてこうなるの!?〜』

公演日:2018年9月5日〜9月12日

http://office3rock.com/yokohamawbooking/

 

今ごろですが、楽しい思い出を振り返って記録してみます〜。

 

ちなみに、これがきっかけで「ソワレ=昼公演、マチネ=夜公演」という舞台用語を知りました。

(役者さんがツイートする度になんのことだろう〜?って調べたよね)


SUSSY出演day
9/7(昼)&アフタートーク
9/8(夜)
9/9(夜)
9/10(昼・DVD購入特典トークイベント)
9/12(昼・夜)

 

イベントdayを含めた5日間で、5舞台出演でした☆

2月の舞台も楽しかったので、この日程も全部観る!と、
遅めの夏休みを利用して、全日参加しました♪

参加してた当日中にツイート(後半にまとめあり)もしていた通り、5日間めっちゃ楽しみました☆

 

前回の初演のときも結局お話については、あまり書けないまま過ぎてしまったので、
ザックリな流れを書くと、ストーリーはこんな感じ。

 

売り上げの伸びないライブハウスの店長さんが、ヤクザに脅されてロックバンドと劇団のダブルブッキングをしてしまいます。

箱入りをした2つのグループに対して、途中まではダブルブッキングであることを隠して対応するため、それぞれ別の楽屋に通して、スケジュールを進めていくものの、途中途中で、2者が鉢合わせしたりして、彼らは何なの?とてんやわんや。

いよいよ収集がつかなくなった時に、ヤクザが登場してネタバラシ。
ダブルブッキングのまま、一緒のステージをやってくれという展開に。

そんな話が通用するわけないと、両者が譲らなかった頃に、
バンド達の憧れでもある伝説のバンドボーカルが登場。
主人公のバンドボーカル君をうまく説得して、バンドと劇団、両者の意見も揃ったところで、バンドと劇が融合されたステージが開演される結末に。

イベントも成功して、めでたし。

と思いきや、最後の最後に企みのオチが待っています。

 

全体の流れは2月の公演と同じお話でしたが、
最後のオチに出てくる面子が変更された今回の方が、流れ的にしっくりくる形になったなぁと思いました。

あと店長の奥さんが今回は演歌を歌うシーンがあって、
前回と同じく途中までは踊りが得意という設定だったのが、公演日程の中頃から、歌が得意という説明に変更されてました。
奥さんのキャラづけとして、前回から少し謎だったので、変更で納得。

ほかにも劇団の一部面子が変更になり、前回と同じ役柄でもキャラ設定が変わっていたり。

バンド側の設定や展開は2月とだいたい一緒でしたが、
劇団側での進行は前回と全く違う内容になってました。
でも前半のわちゃわちゃしたやり取りが、後半の本番ステージへの伏線になっていたりして、こちらも良い変更だと思いました。


舞台全体の説明おわり。


で、お目当てのすっしーさんですが、
お話の部分では、前回同様にいろいろいじられポイントがあったり、
前回はなかった場面での台詞が追加されていたり、
体の大きさ共々、存在感バツグンでした☆


すっしーさん(バンドさん)見所シーン

 

♪演奏時使用はピンクのVギター

 

・舞台冒頭の路上ライブ(演奏)
 → 新曲:晴れ時々

 

・フロアの奥から入場してくる、ハウスの入り

 

・入り直後、テーブルについて、バイトスタッフ君と挨拶を交わして楽屋入り

 

・劇団と顔を合わせてはいけないタイミングでトイレにいく

 

・劇団と揉みくちゃ

 

・ボーカル君が劇団ヒロインに一目惚れする場面で一言!(追加の台詞)

 

・ローラ登場(演奏)
→ 銃とチョコレイトを手に

 

・バンドの曲も聴かせてよ(演奏)
→Go!Go!ポセイドン

 

・ステージ本番
→組曲:横浜ダブルブッキング(演奏)

 

・舞台終演カーテンコール後
→晴れ時々(演奏)


※バイトスタッフ君と挨拶を交わして楽屋入りのシーンでの
SUSSYさんの小ネタメモ

 

・入りのシーンから扇子を仰いで、テーブルでもパタパタ
・コッペパンmgmg

・「しりとり」をやることになり、「ち」が回ってきての回答は「チョコレート」

・お菓子mgmg

・X/紅ネタ


赤い衣装とヘアメイクのビジュアルが個人的にかなり素敵でお気に入りでした♪

 

 

(以下、舞台日程中の当時のツイートをまとめてみました。)

 

(9/10のトークイベントにて)

すっしーさん、9日出演でのヘアメイクが編み込みでコーンロウっぽくしてた影響で下ろした髪がウェーブ入ってた。 

バンドメンバー各自にローラの台詞を演じてっていうリッキーさんからの無茶ぶりのお題があって、各自の希望でリウさんが沼田組の兄貴、キリエさんがことりちゃん、Kさんが子分って名乗りでて、即席すっしーローラが誕生! 

某蝋人形にしてやろうかな悪魔風になってたw

 

その流れで後日の出演でも悪魔になってて

REN君から「閣下ですよね?」

と言われる。

 

劇中、すっしーさんの台詞が増えてて、午前はREN君に「緊張してるよ!」ってツッコミされてたんだけど、

午後は「すごく良かった」と褒めてもらってた☆

見せ場とかイジリが多くておいしかったよねー。^^

会場から笑いが起こっててホッとしたw

 

 

(感想など)

舞台の余韻を語る相手が足りなかったところで、REN役の秋沢さんのファンを名乗る方とお話しするキッカケがあって、ひとしきり語らせてもらえた☆

普段見てるものが違っても同じ舞台ステージを見て一緒に楽しめるって、ステキだなぁって思った☆

 

舞台ファンの方が「私はバンドの音楽が分からないけど、バンドメンバーさんによって楽曲が優しい雰囲気になったり、強い感じになったり色々変わる気がして、その違いがあることを始めて知りました!」と言ってました。 同じ楽譜でも演者さんでほんとに大きく変わる

 

あと観劇だと観る側は音を出さないが基本だから、拍手でも音はさせないとかが染み付いてしまってるってお話し。この舞台はバンドのファンの方が盛り上げてくれるのが嬉しいって言っていただけた。^^

 

わたしは音楽を学んでないし、未だに分からない事だらけ。 ただひたすら自分が聴いて心地よくなる音と、引き込まれる演奏を観て、好きだなーってどきどきするだけです。

 

舞台、初日は後ろで、また翌日は前方で見たり、見る場所によっていろんな発見があるから楽しい☆

 

千秋楽で見たステージと会場の一体感がほんとに素敵で最後の最後まで、ずーっとニッコニコしてた!

すっしーさんも終始良く見えて応援できたし、役者の皆さんの演技もなるべく目に収めるようにした。

ずっとずっと拍手していたかった☆ ほんとに楽しい空間でした☆

 

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

「公園のベンチ」について

このblogは、"INO HEAD PARK Fan Site「公園のベンチ」"の管理人日記blogです。 「公園のベンチ」メインHP→ http://www.rime-rock.net/ へアクセスしてください。 ライブレポートは メインblog→ http://www.rime-rock.net/benchi/ へアクセスしてください。

Twitter

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM